薪ストーブの入れ替え

f:id:thambar:20181224100251j:plain

薪ストーブを入れ替えた。このブログを読まれるような方々には釈迦に説法だろうけれども、薪ストーブは輻射熱で暖をとるもの。どの暖房よりお金がかかる。薪は安くは無いし、入れ替えたストーブは設置費込みで50万オーバー。だが、どの暖房より暖かい。温風がないから空気もカラカラにはならないし汚れない。そして身体の芯から暖かい。年行ってくると、薪の調達もままならないだろうし(運んだり等々の話も含めて)、経済的にも厳しくなるだろう。そんなわけで、入れ替えられるときに入れ替えておけ!と買い換えたのだ。写真は新しいストーブを設置後、業者の方が火入れ式を。自分に火を入れてくださいと声を掛けられたのだが、なんか小っ恥ずかしくて入れて貰った(笑)

f:id:thambar:20181224100939j:plain

ストーブは3人がかりで入れ替え。1.5トンのunic搭載車に積まれてやってきた。なかなかストーブの入れ替えシーンなんて拝めない。年間150基からのストーブを設置工事しているそうで、庭木の間を縫って器用にストーブを下ろす。すごいなあ。

f:id:thambar:20181224101310j:plain

シーンが前後するが古いストーブを、ああでもない、こうでもないとリビングから出す方法を検討。鋳物でかなりの大きさなので出すのも一苦労。リビング表側はどでかいガラスはめ殺しなので、裏側のサッシを取り外して運び出す。

f:id:thambar:20181224101609j:plain

そんなわけで、お役目ご苦労様な旧ストーブ。この家の前のオーナーが設置した物で、ほぼ火の観賞用のようなストーブ。使いこなすのが難しいけれど、もちろん暖かいは暖かい。ただ、薪は猛烈に喰うし、部屋が煙くなる(笑)こんな懐古調のストーブを使ったことが無かったので、最初は四苦八苦したなあ。いままでご苦労様でした。一応、下取りということになってるので、掃除して店頭に並ぶのだと思う。売値で恐らく10万円程度までだろうから、はじめて薪ストーブを設置するような人がひょっとしたら買うのかも。どこかの家で使われるとしたら、それはそれでまたよいね。

f:id:thambar:20181224102120j:plain

がらん。一瞬このまま撤去でファンヒーターが一番幸せじゃないかと頭によぎる(笑)なにせ我が家の給湯は灯油なので、家の後ろに400Lの灯油タンクが設置されている。そこから配管さえすれば、燃料補給はタンク車がやってくるので超楽ちん(笑)

f:id:thambar:20181224102333j:plain

そんなわけで入れ替え完了。まだ煙突接続してない状態。ずいぶんモダンなストーブに変わった。かなり大きなストーブで、そもそも45坪用。我が家の母屋は25坪の平屋。相変わらずアメ車的思考回路(笑)なぜこんな大きなストーブかと言えば、そもそもうちに設置されてる煙突の直径が8インチで、それに合うストーブがこれしかなかった。。もちろん絞った管を繋げばいいんだけど、かっこわるいし。。。

丸一日使ってみたけれど、実に暖かいし、とにかく薪が減らない! 取り替えてよかった。もうオレが死ぬまで世話になるストーブだと思うので、大事に使うといたしましょう。