レーンキープ機能について思うこと

f:id:thambar:20181214013537j:plain

写真はレスポンスさんから拝借。

N-VANが納車された翌日に往復約900kmの出張があった。インプレはそのうち書くとして、アダプティブクルーズコントロールとレーンキープ機能の合わせ技には、なかなか面白いなあと感じさせられた。

ミリ波レーダーだと思うけれど、前走車に追従するクルーズコントロールは一度味わうと本当に楽ちん。N-VANに搭載されるものは、あまり低速だと機能が切れてしまう。つまり、渋滞車列に追従するなどはできない。しかし、高速道路上での長距離運転には本当に重宝する。

自分が初体験なのはレーンキープ機能。セットすると、車線を逸脱しないように操舵介入するのだ。どう介入しているのか詳しくは知らないが、要は逸脱しないようにステアが勝手に切れる。クルーズコントロールと併用すれば、手を離してちょっとした自動運転。あくまで運転の補助的機構なので、自動運転と呼べるような代物では無いが、たとえば煙草をコンソールから取る。その際にステアから手を離す程度、まったく危なげが無い。

う〜ん。。。自分は軽自動車を作っているメーカーに居たので、隔世の感が。同時に、こんなのを味わうと、本格的な自動運転機能を試してみたくなる。何時止まるかわからないような旧車ばかり乗っているのに。まあ、4つタイヤがついてる乗り物には全方位興味があるというわけです。

最近本当に長距離移動が若干つらくなってきた。N-VANでこの類いの機能に触れてみると、もっと高度な制御のもので、楽に移動できる車両に興味が。年を食うということは、こういうことなのか。

さて、今日も長距離移動。どうも仕事が物流関係ですかという毎日。安全運転で行って参りましょう。