うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

F355

f:id:thambar:20181025143656j:plain

かつて乗っていたF355。XRで6MTの並行物。確かアート物だったような。F355のあとのモデナからガラっと変わった印象があるが、F355までは何処かクラシカルな匂い。

さして手の掛からない車だった。ヘッドからのオイル漏れ、エキマニ割れぐらいだったか。エキマニは溶接で補修したが、取り外したエキマニを見て驚いた。実に手の掛かった造りで、マニホールドのカーブに外皮を被せるように綺麗な遮熱板。そしてマニが生えているすぐ側に熱でやられちゃ困るようなものがワンサカと(笑)この頃のフェラーリはどことなくレーシングカーを作るような、そんなノリがまだ残っていた。量産車として考えればダメだろこの設計は・・なんてことが多い。

いまV8モデルは、488GTBか。かつてのV12ぐらい大きくなってしまった。まあ致し方ないプロセスだが、308・328あたりまでが好み。そして別枠がF355。