キリギリスのご飯

f:id:thambar:20181012122433j:plain

海外撮影ロケに出ると胃袋が小さくなる。食事が大変貧相になるのだ。撮り歩いている最中は食事を取ると集中力が落ちるので本当に最低限。夜は疲れているのに加えて、一人なので外に食べに出るのも億劫。現地のスーパーでパンとハムとチーズそして現地のビールを買ってホテルで。そんなわけで、帰国するとたいてい胃袋が小さくなる。さらに帰国後の食事はしばらくこんな調子に。すごく体調よいが、日頃如何に暴飲暴食しているかということなんだろうなあ。

胃袋が小さくなると、食事時が訪れても「オレ腹減ってるかなあ」と妙に自分に尋ねてしまう。答えはNO。たいていNOだ。(胃袋の大きさに関わらず)習慣になっているだけで、実は身体は欲していないということが多いんだろうなと思う。

どちらかというとモリモリ食べて、ゴリゴリ運動するのがよいと思うけれど、この運動をする暇がないのが悩みどころ。