うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

中年オヤジ的バイクの楽しみ方

f:id:thambar:20181007173233j:plain

KSR-II、最高! なんて可愛い奴だ。とりあえず自宅に置いておくので、バイクカバーを買いに行かなきゃと。ついでにカストロールの2stオイル買ってしまうという、とてもわかりやすい行動。もっとパワーを、そして高速走れたらいいのに!・・なんて思わない。このホイール径、そしてホイールベースだからこその世界があって、街中をテケテケ走るのには最高。不満らしい不満はチェンジが忙しいぐらい。しかしギヤ比をロングにしたところで、今度は最高速が落ちて幹線道路走るには危険かも。ロングにするなら100cc近くまでボアアップ、吸排気をやるぐらいじゃないと厳しい気が。最初、いろいろとイジくってやろうと思ってたけど、これノーマルが一番な気が。そうそう、脚がたよりないなあと、フロントブレーキ握ってボトムさせてみた。すると反動で上半身が伸びて後ろ方向へ行くが、フロントタイヤが後ろへズルズルと滑るのが笑えた。ものすごく軽いのね。。ペンペンペンペンプワァァァァン・・とりあえずイジるのはやめて、こいつの世界で楽しみましょう。

f:id:thambar:20181007174237j:plain

相方をバイクに乗せようと、基地まで乗り換えに行った。帰り道は20倍の排気量(笑)まるで車に乗ってるかのようなジェントルで、恒久的世界平和を感じる乗り味。アクセル捻ればジェット機みたいな音と加速。しかし何もかもが違う。共通点は二輪であるということ、そして同じように両方楽しいということ。

いつだったか、遅くに免許を取った後輩が、スポーツバイクに興味があり、凄いのは要らないけど、何がおすすめかと聞いてきた。何年オレと付き合ってんだ、中途半端なのを買っても何も分からんぞ、物事というのは(可能であれば)両極端を経験してみるんだ、そう答えた。彼はネイキッド系しか乗ったことがなかったが、その後スーパースポーツを買った。

ここでいう「中途半端なもの」も、端と端を知れば、なるほどそういうことかと分かることがあると思う。同じ二輪で、それぞれターゲットが違い、そしてそれぞれに世界がある。そしてどれも意味の無いものなんてないし、それぞれに面白いと思う。まあ、稼ぎのない相手に対するアドバイスとしてはどうかと思うが、彼はもっとバイクを知りたい、ライディングを知りたいと思い、そしてそれ相応に買える。ならばガンガンやるべし。なによりバイクが好きってのがよい。もっと好きになってやってくれ。

若い頃はそれこそ、自分では手にできないから雑誌のインプレ読みながらいろいろ想像しながら脳味噌の中で乗ってきた。年も喰い、それ相応に買えるようになったが、そもそも自分がそうしたいから稼ぐようになったのだろう。いろんなのに乗って、得られるモノ。それは「知る」「わかる」ということ。こういうモノに触れるとき、そのモノを作る考えが知りたいのだ。そして究極言うと、二輪であれば何でもよい(笑)バイクは楽しい! もう速くは走れないし、長い距離も乗れないけども、交差点一つ、そのバンキングだけで楽しめるときがくるとは思わなかった。年を食うというのはまったく悪くない。