修理屋さんの帰りにエンコ

f:id:thambar:20181006014433j:plain

電車2時間以上乗り、キャトルを引き上げに行った。帰り道にエンコ。やれやれ世話の掛かる。。

f:id:thambar:20181006014710j:plain

帰り道、東名と首都高が大渋滞。仕方がないので下道で帰ってた。桜上水の開かずの踏切で停車中・・・預ける前の状態が再発。アイドリングしていて、前車が発進したのでギヤを入れクラッチを繋ぎ、アクセルを開ける・・エンスト。イグニッションOFFからON、クランキング、一瞬掛かる。アクセルを開ける・・エンスト。なんと踏切最前列でこの症状が悪化。歩行者の方が見かねて、横まで押してくれた。ありがとう、桜上水の皆様。。

f:id:thambar:20181006015119j:plain

エンジンが冷えると、再び走り出せる。しかし前回もそうだったが、あまり長い距離を走れず症状は再発する。なんだろー?? 燃ポンではない、点火系もセミトラにしたばっかりで、デスビはチェック済み。チョークランプが点かない程度にチョークを引くと、若干マシになるので、こりゃ二次エア噛みの類いかね。

車を休ませつつ、なんとか倉庫までたどり着いた。プラグを外してみる。とりあえず熱的に一番厳しいであろう4番を。キャブ車で見たことがないほどのこんがり狐色。んー。思いつくのは二次エアぐらいしか。土日は休みだが仕事はある。だが、ちょっとキャブをバラしてみよう。

しかし世話の掛かる。車は現代車に限りますよ、ほんと(笑)