何処まで直すか、その線引き

f:id:thambar:20180913121912j:plain

片目だけ黄色く変色したライトカバー。雨の日見てると変色してる側だけ曇るので、エンジンルームの熱気がココに抜けてるのだろうと思う。

修理からあがってきたアルファで家から会社まで。いつも荷物がなく雨が降ってない限りは歩いて30分。今日はコイツに乗って修理の上がりを確認したくて乗ってきた。

とりあえず、普通に走るに困らない程度になって戻ってきた。万歳! これからこの類いの車のハイシーズン。春先まで楽しませて頂くとしましょう。

このテの車、どこまで直すかという話。自分の場合はコレクションではなく、どれも乗るので(それもしっかり)、とにかくランディングコンディションまでは直す。走る、曲がる、止まるはもとより、内外装もまあソコソコまでは。

上の写真のように、ヘッドライトカバーの色が違う。まあこんなのは機会があったら、そのうち直します。曇ったカバーをとっかえるというよりは、ここに熱気が抜けること自体を対策だけども。

線引きって人それぞれで。自分の場合は、一日でも長く元気よく走ってくれますように、というところが1つのライン。いつか自分が手放すときがきて、次のオーナーが車に敬意あるスタンスで接してくれて、愛してくれりゃ最高だよな〜。