うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

なんでもまあ、楽しむ。

f:id:thambar:20180913072847j:plain

日頃、仕事であろうが生活であろうが、たいていのことは「ままならん」。いつ頃からだったか、思考回路がシフトした。起きることに対して「そうきたか」と、とりあえず捉えようと。次に「どないしたら、これを楽しめますかねえ」と。

経営者の仕事は、言ってみれば物事をマージすること。アレとコレを掛け合わせて・・・と、まあ普通に考えれば掛け合わせないようなことを考えざるを得ないシーンが多い。市場において、自分たちがちゃんとそこに居られるように存在意義のようなものがないと、自分たちに飯は回ってこない。

だとすると、次から次へと、掛け合わせられないようなことも、やってみなきゃならないし、どちらかというとそれを強いられることが多い。わかりやすいたとえ話だと、「資本はない」「しかし資本力のあるところ以上の何かがなければならない」「だからなにか我々にしかできないことを」という感じ。これは、なかなかにストレスフル。

ストレスなことは、頭から遠ざけたいし、どちらかというと寝てたい。しかしまあそんなことしていても一歩も前に進まないし、やらなきゃ喰えない。だったら、とりあえず楽しもうと。

この楽しむという概念がないと、すべて自分でコントロール下におかなきゃいけないなんて勘違いを生んでしまう。そしてアンコントロールな状況に陥ると、不満が募ってしまう。不満は不満しか呼ばない。コントロールできないことは、放る。どうなるんだろ??とその推移を楽しんで見てるぐらいでちょうどいい。すべてコントロールしようなんざ、そもそもこの世で無理なお題目なんだから。

ほう、、そう来たか。どないして楽しむかのう。。

この思考回路は、たいていのことを楽(らく)にしてくれる。

※本文と写真はまったく関係ございません。