うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

エンジンに火が入る

f:id:thambar:20180906044924j:plain

f:id:thambar:20180906044932j:plain

f:id:thambar:20180906044940j:plain

f:id:thambar:20180906044949j:plain

f:id:thambar:20180906045000j:plain

f:id:thambar:20180906045007j:plain

f:id:thambar:20180906045014j:plain

現場で仕事中にメールチェックしてたら、ナローにエンジンが載り、火が入ったとの連絡。ナローもうちに来て5年ぐらいかな、結局すべてに手を入れた。買った当初の状態は酷く、ショートホイールベースというタマがそもそもない個体なので致し方なかったとはいえ、まあほんとうに手間暇かかった。それでもまだ満足できる仕上がりかといえばそうではなく、しかし機関はもうこれで問題ない。長かったな。根気よくつきあってくれたメカニックさんに感謝。大事に大事に乗っていきます。これからは、楽しんで噛みしめるように走って行くステージ。走らせると、どうだろ。ゆっくりナラシやりますかねー。ナラシ終わらせる旅にでも出れりゃ最高だけど、んな暇どこ見てもないな。

しかし、、993まで空冷エンジンだったわけだけど、なんとなくこの絵を見ると納得させられる気がせんでもない、いろんな意味で。

これまた毎度思うけど、ボディからエンジンが離脱する絵が凄い。なんだこの分離っぷり。ドイツでお医者さんにかかると、こんな感じなんじゃないかとちょっと怖い(笑)