うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

結果を求めないから面白い

f:id:thambar:20180828104939j:plain

この間、久しぶりにフィルムカメラで撮り歩いた。それも半分は仕事で。この時代に仕事で使えるなんて贅沢な話。

完全に趣味の撮影なんて長い間やってないが、仕事が絡まないならまず間違いなくフィルムカメラを手にする。この間、フィルムカメラで撮り歩きながらなぜだろうと考えてみると、要は結果が見えるとつまらないし、しんどいのだ。

デジタルカメラの最大の利点は、現場で「ある程度」仕上がりを詰められること。急極論を言うとカメラがなんであろうと写真の本質には関係なかろうと思う。ただ、撮ってその場で確認できてしまうデジタルカメラは、どうしたってその場で詰めようとしちゃう。これが「仕事でもあるまいし・・」と。

デジタルカメラを手にしていても、なんらかのシーンを捉えた際に背面の液晶画面を確認することはあまりない(仕事ならどうしても確認してしまうが)。理由はファインダーで画を見てるし、いちいち確認するのが面倒だから。

久しぶりにフィルムカメラを手にして撮り歩くと、本当に気分が楽。楽、つまり、楽しい! もちろん「いまのちゃんと撮れたかなあ??」と思うことはある。しかし趣味ってのは結果云々よりも、その行為をやってること自体が楽しみであって。よいのが撮れればそりゃ嬉しいが、よいのを撮らなきゃいけない、みたいになってしまうと気が重い。

そんなの超越した達人には無関係な話だろうけども、結果が見えるとね、やはりスケベ心ってのはどうしてもでちゃう。趣味なのに何も背負う必要ないわ、考えてみれば。

久しぶりに撮影は楽しいな!と思えたひとときだった。