うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

恐るべしiPad Pro

f:id:thambar:20180821115527j:plain

最近書類を作るのにiPad Proを使う。元々、提案書なりを作る際には必ずスケッチブックに下書きするのだが、あるとき書籍の校正用(PDFにペンで直接赤入れ)に持っていたことを思い出し、スケッチブックから置き換えてみるとこれが素晴らしい破壊力。しまいにはお客さんに提出する資料が「手書き」になってしまった。あらま。長年コンサルティングをやってきて手書きの資料を提出するのは流石にはじめて。

いつもはAdobe Illustratorで書面を作る。そんなコンサル屋も珍しいだろうけど、ベクターで画を描くよりフリーハンドで書いた方がよほど早い。ペンをすっと走らせ、間違えたら指でなぞって消せる。これがむちゃくちゃ仕事が早い。そりゃそうだ、これまでスケッチブックで記載内容を取りまとめ、下絵を描いて、そこからPCに向かって清書していたわけで、なんでもっと早くに使わなかったのだろう、、と思うぐらい。

問題は、完全ビットマップの書面であること。iPad Proでページ全てを手書きで書いたのち、メールでPCに転送するのだが、そのフォーマットはPDFで、実態はビットマップ。う〜んいいのか??

常々アイデアや考えをまとめるのに、紙とペンを置き換えてくれるハード&ソフトがないかなあとPC方面で探していたけれども、こりゃ便利でやめられそうにない。今後自分が作るドキュメントは「問題なければ」すべて手書きになりそうだ。。

そうそう、この方法でやりはじめてから、毎日のように字を書き、画を描く。手を動かしていないとこうも書けない・描けないものか!と最初は驚いた。絵の方は頭にあるイメージを線や色に変換するだけなので慣れの話。いくつか描いてるとスピードも上がってくる。問題は字。なにせ漢字を忘れてるのだ。PCであれだけ漢字を使ってるにも関わらず、書くとなると「あれ?」という連続。漢字を書くには肉体的に覚えるもんなんだなと感心させられた。

もともと絵が好きで、字も絵だから同じように好き。なので、楽しい。ぼけ防止にもいいかも。