うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

ダメを貰う乗り物

f:id:thambar:20180522082653j:plain

自転車が好き。この類いの自転車に乗り出したのは10年以上前だが、なんだかいきなり乗りたくなった。当時少し太っていたのもある。ランニングするにも膝を壊しそうで、自転車ならまだ身体に負担も少ないだろうと。この自転車は、いわゆる固定ギヤのピストで、大変珍しいコルナゴのピスト。

f:id:thambar:20180522083241j:plain

後輪のギヤがフリーにならないので、足は常にまわりっぱなし。坂道なら漫画のように足が回り続ける。つまり足を止めることができない。ピストに乗り始めて痛感したのは、いかに自分が無駄なペダリングをしているかということ。

f:id:thambar:20180522083635j:plain

ギヤがシングルなので、坂道は泣きそうなほどペダルを漕げない。そもそも競技用であり、無理矢理ブレーキを取り付けてそれを公道で乗っている。フレームはすごく硬くて、乗り味もそのまんま。いろんな意味で根性鍛えられる自転車。

f:id:thambar:20180522084241j:plain

初めて買ったのが左側の青い自転車。今はブランドとして消滅してしまったが、KLEINというメーカーの、Q-Eliteというモデル。元々競技志向では全くないので、ど派手でかつゴチャゴチャしたカラーリングが苦手で、シンプルな物を探していたらこれ一択、選択の余地なし、みたいな感じだった。昔からペイントが凝りに凝ってるメーカーらしく、とにかく美しいペイント。カーボンフレームで、すごく乗り心地のよい自転車。これまで一番乗った自転車で、ありとあらゆるところにこれで出かけた。東京から日本海の直江津まで走ったが、今から考えればよくもまあそんなことをしたもんだと自分で感心する。自転車屋にいま預けてあって、コンポーネント(ギヤやらブレーキ周り)一式を交換中。いま自転車の世界はエアロ化が進んでいて、コンポーネントもクラシカルな雰囲気なものが一切無い。カンパニョーロの中古パーツを探して貰っていて、出てくればそれをセットしてもらう予定。随分乗り込んでる自転車なのでかなりくたびれ気味。そのメンテも含めて。帰ってくるのが楽しみ。

f:id:thambar:20180522085020j:plain

最も気に入ってる自転車、チネリ・スーパーコルサ。細身のクロモリフレームに、自分で手組みしたホイールを履いてる。乗り味は優しく、ロングライド向き。自転車は人力で走る物だから、ホイール一つ、ほんの少し軽くなっただけで驚くほど坂道が上れるようになったり、パーツ交換の効果は絶大。これまた、ちまたにはあらゆるパーツがあるので、なかなか奥の深い世界。

f:id:thambar:20180522085356j:plain

いわゆる「もじもじ君」みたいな競技志向の格好をして乗らない。実際着るとあんなに走りやすい格好はないのだけども。普通にジーンズ、Tシャツ、グローブ・ヘルメットぐらいはつけるのだけども。疲れたら頑張らずに休憩。それも結構頻繁に(笑) ロードバイクの世界は本当に競技志向の強い世界だけども、人それぞれ楽しみ方があるのだ。自転車に乗っていても、やはりこういうクラシカルなものをチョイスする傾向にあって、「美しいなあ」とよく眺める。趣味趣向とは世界が変わっても大して変わらないという。クラシカルな自転車はもっとディープなものがたくさんあるが、自分の場合は、そこそこにクラシカルな雰囲気を醸し出してる程度の物を。なぜなら、そこそこ踏んで、そこそこ走るので。

f:id:thambar:20180522085800j:plain

自転車の何が一番好きかというと、自分にできることしかできない、というダメを貰うところ。まあ何でもそうなんだろうけど、人力なので、頑張りようが無いのだ。たくさんの距離を走って、家路につくにしても同じ距離をやはり漕いで帰るしか無い。いくら頑張ってガシガシに踏むような雰囲気醸し出そうにも、身体が無理というのだから、格好のつけようがない(笑)いま自分に出来ることを受け入れて、無心となり漕ぐ。たどり着いた後のビールが最高(まったく意味が無い)。そうだ、ダメを貰う乗り物だけれど、乗ってれば少しずつ上手くなっているのがわかる。それも嬉しい。決して下手にはならないから。持続しないようにはなるけど、乗ってないと。

先にも書いたとおり、人力なので、パーツのアッセンブルで本当に乗り味がガラっと変わる。このあたりの物としての面白さもさることながら、人力故に限られたパワーをいかに路面に伝えるか、その極限の形でもある。やはりそういう物は美しい。

そうそう、自転車にもいろんなジャンルの物があるし、同じロードバイクでも重量があって、速く走ることさえあきらめれば、これまたいろんな美しさを追って、いくらでも楽しみようがあるというのも面白い。

そうそう、これを書いて締めに。自転車も鉄が好き。カーボンフレームも素晴らしいし、メリットも有り余るほどある。けども、鉄の乗り味とルックスがやっぱ好きだな〜。