うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

バイクとバイク

f:id:thambar:20180428104252j:plain

Z1のマフラーが静かすぎて、道を走る車にもう少し音が聞こえた方が安心。そんなわけでテールエンドに取り付けられているバッフルを外してみることに。

f:id:thambar:20180428104427j:plain

そこそこ径が絞られているが、テールエンドなのでキャブレターのジェッティングを変えるほどではない。と、思う。

f:id:thambar:20180428104555j:plain

外すといかにも効率よさそうな姿に。音の方はウルサイ!てほどでは全然なくて、なかなかジェントルな音に音量。サイレンサーがそこそこ長いからだろう。エキパイからオールチタンで凄く軽いマフラーだが、音だけはやはり鉄製に限る。チタンの音はやはり軽いのだ。非鉄がなにかともてはやされるが、マテリアルは鉄に限る(鉄信者)。

f:id:thambar:20180428104846j:plain

高速をひとっ走り。ここは自分が関東に出てきてこれまで、ちょっとした息抜きに来る場所。特に何をするわけではないが、自販機で珈琲を買って飲み、煙草を吸ってぼけーっとするだけ。肝心のサウンドはOK。周りを走る車にも自分の存在が伝わるし、ウルサ過ぎず、回すとかなりよい音だ。満足。だがやはりZ1には鉄のショートメガホンかな。ウルサイけど。まあええ歳なんで、これでヨシとしましょう。しかし空冷4発のエンジン周りの美しさは、これだけで飯が3杯食える。

f:id:thambar:20180428105324j:plain

最近太っちゃって、あまり乗る時間がなくて放置状態だったこっちのバイクにも乗ろう。ダッジがエンジン換装から帰ってきて、この車だと自転車をバラさずにそのまま立って乗る(笑)都内の道路を走るのは危ないので、然るべきロケーションまで自転車を積んで走ると。こっちのバイク(オートバイは厳密にはモーターサイクル)も、過去散々乗ってきて、うちには結構な数のバイクがある。そのほとんどがシングルスピードでクロモリフレームだが(鉄好き)。写真はうちにあるのでは珍しいカーボンバイク。コルナゴEPSというもうそこそこ旧くなったフレームだが、自分の実力ならこれでも必要十分すぎる。最近のバイクを見てると、なんだか浦島太郎状態で凄いことになってるな〜。このEPSやC50ぐらいのフレームが一番格好良かった気がするが。

このバイク、かなり気に入ってて、ホリゾンタルフレームに、ホイールがシロッコというあたりがお気に入り。

最近本当に仕事が忙しくて、身体を動かしてる暇がない。まだまだ山ほどこなしていかなきゃいかんことがあるわけで、せめて自転車に乗るぐらいは頑張りたい。今日もいい天気、相方とチャリで出かけるかなー。