うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

「不均衡」がソソられる不思議

f:id:thambar:20180410072709j:plain

初期型のFairlady Z (S30型)を横から見ると、この車はなんとも不思議な形をしているのだ。乗員は殆どリヤタイヤに座ってるような感じで、よくよく見るとなんだか凄い形。

写真を撮ろうとすると実は結構難しい車。目で見てるほどの格好良さが捉えられないというか。

こんな車は妙に惹きつけられるものがあって、バイクでいえばKawasakiのZや、GPZ。またはハーレー。手を入れるとガラっと表情が変わるのに、何処まで行ってもZはZ。ハーレーはハーレー。なんとも不思議なものだ。

不均衡な形をしているものにそもそも惹かれるものなのだろうか。感情移入しやすいから? いや、明確な意思を持って描かれた線の結果として、「不均衡」となっているものに心動かされるのだろうか。・・よくわかんないのだが。

ちょっと思うのは、人は「次」を期待する生き物だから?