うれしはずかしウマシカ日記

車とバイクに振り回される日々をしたためる。名前はまだ与えられておりませぬが、ウマとシカと書くのが適当かと思われます。

人を笑顔(半笑い?)にするクルマ

f:id:thambar:20180329053423j:plain

ここ最近続く出張攻勢。3週間のうち家で過ごしたのはいったい何日だろう。久しぶりに自分の会社の会議に出たが、スタッフたちの顔を見るのも久しぶり。外は桜が満開、仕事なんてほっぽって花見花見!

10人ぐらいはさっと乗れてしまうのがこの車。ぼよんぼよん船みたいな動きで走り、6リッターV8、街中はリッター2キロ。なかなかこんな乗り味の車はないわけで、みんな何度乗っても終始半笑い。外から眺めて半笑い。しょっちゅう壊れて家出するのを聞いて半笑い。

まあどこに乗っていっても、見る人は基本的に半笑い。高速走れば、走行車線後方から追い越し車線に出て、明らかに早めに抜いておこうという意思を感じて本人半笑い。

一目で気に入って、長い時間を掛けて直すのを覚悟だけして購入したこの車。つい最近、アメリカに一機だけ残っていたベアエンジンをシカゴから船便で取り寄せ、エンジンを換装。ついに手の入っていない箇所は何も無くなり、この車が仕上がるまで結局足かけ5年掛かった。その間乗った回数を数える方が早いという始末。しかしこの車だけは手放せない。

今日はこの車で群馬のお客さんの元へ向かうつもりだが、つ、着くかな。。